バランスの悪さで鼻が目立ってしまう

鼻が大きいと悩んでいる人も、実際には様々な状況で、そのように感じているようです。
日本人の場合は鼻筋が通っていればという感覚が根強く、鼻筋が太いと悩んでいる人が多いようです。

しかし、ももそも鼻が太いとはどういうことでしょうか。
鼻が大きいのと太いのではかなり印象が違います。
鼻が大きいとは、小鼻が大きかったり、鼻の穴が大きかったり、いわゆる豚鼻のことを際しています。
それに対して、鼻が太いというのは、鼻の幅が長さに比べて大きいため、バランスが悪くみてしまうことを指しているようです。

鼻が大きく見えるのも、実は、鼻と顔のバランスが悪い場合にも感じてしまうようです。
鼻が大きかったり太かったりすると、顔自体が大きく感じてしまうことが多いようです。
小顔がトレンドの現在では、これは悩みの種になります。
鼻の悩みは、鼻そのものの大きさというよりも、鼻とほかのパーツ、
または、顔や体全体のの中でのバランスによるところが大きいようです。

鼻だけは加齢に負けず大きなままですので、バランスが悪いのです。

鼻が大きいことが悩みの人は結構いるようです。
特に女性の場合は、鼻が低かったり、鼻筋が通っていないという悩みもありますが、
それは、あくまでも美人にみえないのであって、かわいいという表現であれば、マッチする人も少なくありません。

ですが、鼻が大きいのはちょっと違います。
加齢によって、顔がたるんでくると鼻の周りの筋肉もたるんできます。
なのに鼻だけはかわらずにでーんと構えているので、鼻がますます大きく見えてしまいます。
メイクである程度カバーできると言っても、それは、鼻筋のことであって、鼻の大きさはどうにもならいと悩む人が多いようです。
ノーズシャドーを入れると、鼻筋ははっきりとしてきますが、鼻の大きさはさらに大きく見えてしまうこともあります。

女は愛嬌といわれるほどに、女性にとっての笑い顔は、とってもチャーミングなのですが、
鼻の大きな人にとってはこれも一苦労です。
それは、笑うことで、鼻翼が広がって見えるからです。
鼻翼が広がると、鼻自体が大きく見えてしまうのです。